2011年01月22日

三歳児神話って・・・本当?

三歳児神話についての記事なのですが、
同じ社長ブログでよく読ませていただいている方のブログを紹介します。
http://e095.dgblog.dreamgate.gr.jp/e45130.html

普段から感じていたことが書かれていました。

なんと、多くの母親たちの就労を妨げていることか。
なんと、多くの人が‘子どもを預けて働いている’=好し としていないか。

保育園ママになるまで
幼稚園と保育園の違いが分からなかった私も

な~んとなく肌で感じて分かってきたことなんですが、
(つまり、まだまだ保育園へ子供を預けるコトに否定的な意見が多い世の中なんですね)

残念でならないです
本当に残念icon11

--------------------------------------------
3ヶ月後には家でパソコン仕事して7ヶ月後には完全復帰した私
そんな私は、ワーキングママがしばらく自慢だったという完全な世間知らずヾ(´▽`;)ゝ
息子の保育園は私立のせいか?キャリアウーマンが多いため気付くのが遅かった
--------------------------------------------

3年間通わせてみて、

保育園はすばらしい

と、声を大にして言いたいです。

例えば、昔は当たり前だったようなことを
今の親が普段してやれないことをいっぱいやってくれます。

食育もそのひとつ
ナスを一緒に育てて、収穫して
半分に切って見せてあげて、天ぷらにして食べたり・・・

ひと昔前なら、そこら辺で観察できたような事だけれど、
マンション暮らしの核家族の母親が見せてあげられるだろうか?
(住環境的にも、精神的にも・・・)

他にも歌ったり踊ったり走り回ったり♪

毎日(週1程度の教室とかではなく..)声を出して歌って、リズムに乗って一緒に踊れる?
毎日子供が思う存分ハイハイし回ったり、走り回れる広さがある?

そんな当たり前の事が、保育園にはいっぱいある。(日々感謝icon06

三歳児神話は、母親の就労を妨げているだけでなく、
核家族による「母と子の健全な関係」すらも妨げているような気がしてなりません。

その昔、村や家長を中心とした大家族の時代の「神話」じゃないかと・・・・・
村社会が崩壊して核家族化した現代社会には当てはまらないのでは?


人と違うことがすばらしいことなんだと教えてあげない限り
みんなと同じであることに安心するし、
そちらの方向へ向かう子供たちをみるたびに
人間は社会性動物だと思わされる日々

つまり・・・成長して本人がいい人生を歩めるかどうかは、
人間社会の中でどう生きられるか

3歳くらいまではハードディスク作りなわけだから、
その記憶に残らない間の経験は宝

一日中王子様お姫様生活ではなくて
歯磨きや事あるごとに順番があって並んで待つ保育園

おばあちゃん先生やお母さん先生お父さん先生やお兄さん先生お姉さん先生
お兄ちゃんやお姉ちゃん、小さい子たちに囲まれて
いろんな人にあやされて、話しかけられて、叱られて、励まされて・・・

三歳児神話って・・・本当?

母親ひとりの価値観にどっぷり浸かった生活環境よりも

社会や地域や同じ年頃の子供の中で揉まれて、
いろんな人や環境に接しながら成長していく方が

子どもにとって、刺激も多く(シナプスもいっぱい作れる)、
将来様々なソフトを載せることができるハードディスクができるのでは?

愛情は、量よりも質 (と信じています・・・)

接する時間が短くても、
子どもに愛情を注ぐ(向かい合う時間をたくさん)が大前提ですケド、

私は保育園推奨派です
仕事がなくても保育園へ通わせた方がいいと思っています

それは子供のためにもなるし、
母親のためになる

24時間べったり一緒にいたらメリハリないけど、
(下手したらイライラの元!?)

でも離れていれば、いとおしくなる
会えたら、いっぱい遊びたくなる

一石二鳥なのにね・・・

行政においても、待機児童の問題とか解消すれば、

母が働く→家計潤う→お金使う→内需拡大
母が働く→人材再発掘→企業力アップ→国力アップ
母が働く→子供と離れる→ストレス発散→虐待が減る

一石三鳥も四鳥も五鳥もなのにね・・・




そう言えばこんな話も・・・・

幼稚園までは、家でわがまま王子様・お姫様状態だったのに、
ある日突然、みんなと一緒に行動しなさい
という生活が始まるのは、子供にとって混乱してしまう話

善悪の判断とか、これまでのものが覆ってしまうらしい
だから、3歳からではなく、
小さい時からきちんと躾けてあげて、ブレないことが大切

みたいな内容の本でした。

題名は失念しましたicon11

確か、その本は、すべてにおいて子供目線で書かれていて
世間一般的考え方にはそぐわないような・・・昔の常識、今の非常識的内容が多かったけれど、
妊娠当時に読んだ私は、目からウロコ的な本でした

まぁ・・・息子はまだ3歳なので、成長してみないと答えは出ませんけれど。







お読み頂きありがとうございます。
たいへん励みになります。
よろしければポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ人気ブログランキングへ


コメントもどうぞお気軽に♪



同じカテゴリー(全体)の記事
長すぎる夏休み
長すぎる夏休み(2010-09-05 01:37)

非て似なるもの?
非て似なるもの?(2010-07-10 02:46)


Posted by (有)ワックアップ at 01:36│Comments(2)全体
この記事へのコメント
社会が核家族化、少子化に傾いているので
子供の社会性は、あるていど親が意識しないといけないんじゃないかな、と
私も思います。

日本経済の停滞は、働いている人たちの高年齢化が原因という調査もあるそう。
女性が働くことで元気な日本に近づくといいですね!
うちは将来的にワークシェアリングを導入したいです。
Posted by マトバ(APRICOTWEB)マトバ(APRICOTWEB) at 2011年01月23日 16:25
マトバさん、こんばんわ。
コメントありがとうございます。

そうなんです!
まさにワークシェアリングなんですよね。

うちでも、目標のひとつになっていて、
少しづつですが、取り組みをしているところです。

ワークシェアリングについては、このブログの【下書き】にも書いておりまして、いずれアップしたいと思っています。

とはいえ、【下書き】だらけなのですけれど・・・(笑)
Posted by (有)ワックアップ(有)ワックアップ at 2011年01月24日 02:44
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。